・費用は19,000円。
・窓口は警察の生活安全課。
・所在地を管轄する警察署が窓口。
・申請から取得までの期間は約40日。私は37日でした!
・普通の人でも普通に取れます!
・ここの内容をそのままやって見よう!
 →目次の順番に潰していけばOK。
・行政書士に依頼することもできます。無論、数万円の費用を要求されますよ。
取りあえず見るならこのページ(古物商許可申請:警視庁)

 

14.古物商許可申請後から許可証入手まで


ちょっとした間違いを数回経験しながらも、無事に申請完了!
後は待つだけ。

入手までの流れは、下記の通りです(私の場合)。

【申請日】
 2013年11月9日

【警察官自宅訪問】
 2013年11月23日(申請から14日後)

警察官が自宅を訪ねてきました。
事前連絡はありません。

住居の所在及び本人確認のようです。
提出した略歴書の内容を聞かれました。

提出したハズの旨を伝えると、
「私は知らされていないので、教えてくれ」との事。

いちいち覚えちゃあいないので、控えをみながら説明。
別に、それだけの事でした。

【許可が下りた旨の連絡】
 2013年12月13日(申請から34日後)

【古物商免許入手】
 2013年12月16日(申請から37日後)

 【許可が下りた旨の連絡】があった時に、取りに行く日時を決定。
 担当の方(電話してきた人)にその日時を伝えました。

 「古物商免許証」及び、「古物等の営業車の遵守事項」をもらいました。
  受取には印鑑が要ります。

無事に古物商許可証を入手しました!

古物免許証.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。