・費用は19,000円。
・窓口は警察の生活安全課。
・所在地を管轄する警察署が窓口。
・申請から取得までの期間は約40日。私は37日でした!
・普通の人でも普通に取れます!
・ここの内容をそのままやって見よう!
 →目次の順番に潰していけばOK。
・行政書士に依頼することもできます。無論、数万円の費用を要求されますよ。
取りあえず見るならこのページ(古物商許可申請:警視庁)

 

11.書類準備:プロバイダ等からの資料コピー


URLを届け出る場合はプロバイダ等からの資料のコピーが必要・・・・うんぬん。

何?URL?オークションで転売するだけなのに、そんなものは存在しない。

結論。

オークションで個人でショップ等を持たずに転売する場合には「プロバイダ等からの資料のコピー」は必要ありません。

最初は分からずに警察署で質問したのですが、下記URL中の真ん中くらいに記載があった。

ホームページのタイトルに若干の違和感があるが、趣旨は同じ。

【変更届出(URL届出)】
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/kobutu/url.htm#check
オークション.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。