・費用は19,000円。
・窓口は警察の生活安全課。
・所在地を管轄する警察署が窓口。
・申請から取得までの期間は約40日。私は37日でした!
・普通の人でも普通に取れます!
・ここの内容をそのままやって見よう!
 →目次の順番に潰していけばOK。
・行政書士に依頼することもできます。無論、数万円の費用を要求されますよ。
取りあえず見るならこのページ(古物商許可申請:警視庁)

 

7.書類準備:登記されていない事の証明書


管轄は法務局になります。

登記されていないことの証明書の申請方法(東京法務局)
http://houmukyoku.moj.go.jp/tokyo/static/i_no_02.html

まず、自宅の近くに窓口があるかを確認しましょう。
近くにあれば、直接出向くのが手っ取り早いでしょう。

下記URLから確認できます。

全国の法務局・地方法務局(本局)の 戸籍課の窓口
http://houmukyoku.moj.go.jp/tokyo/static/kyokumei.htm

近くに無い場合、郵送での依頼になります。

色々パターンを記すとややこしいので、ここでは本人申請の場合のみご案内します。

郵送で受付けているのは、「東京法務局後見登録課」のみです。
ここに申請書を送ります。

申請書及び記入例は下記URLにあります。
http://houmukyoku.moj.go.jp/tokyo/static/h_07.pdf

詳細はこれが分かりやすいと思います。
【「登記されていないことの証明書」の交付申請に当っての留意事項】
http://www.moj.go.jp/content/000099728.pdf

それでは進めて行きましょう。

@収入印紙300円を準備
 郵便局で買えますよ。銀行じゃあ買えない。

A返信用封筒の準備
 返信用封筒は長3サイズ。(長形3号)120×235mm。
 返信用の切手は82円。
 返信先を書き忘れちゃあダメですよ。

B本人確認書のコピーの準備
 私の場合、運転免許証をコピーしました。

C申請書の記入
 記載例を参考に「登記されていないことの証明申請書」を記入
 していきます。
 記入事項の「証明事項」の欄に選択肢がいくつかありますが、
 一番上の□にㇾ印を入れましょう。
 ※記載例中の説明分に”古物”と親切に記載があります。
 
 押印及び、収入印紙の添付を忘れずに。

D窓口への郵送
 送付用書類を封筒に入れたら、重量を確認の上、切手を添付
 しましょう。

 送付先は下記です。
 -------------------------------
 〒102-8226
 東京都千代田区九段南1-1-15
 九段第2合同庁舎
 東京法務局後見登録課
 -------------------------------

準備ができたら、ポストへ投函!
あとは、返信待ちです。

返送は、おおよそ1週間との事ですが、私の時は数日で郵送されてきました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。